地域貢献2016年12月12日

八代市で食品の機能性表示に関するセミナーを開催しました

PC02026412月2日(土)、食関連企業のニーズと本学のシーズのマッチングを図り、新たな事業展開や商品開発を促進し、フードバレー構想を推進するため、「あなたの食品も機能性食品になる?~食品のもつ機能性の適切な選び方と活用法」と題したセミナーを八代市のアグリビジネスセンターにおいて開催し、食関連企業や行政関係者など約20名が参加しました。

 

 

 

PC020267今回のセミナーでは、本学環境共生学部食健康科学科の友寄准教授が、野菜摂取量不足が危惧される現在、消費者ニーズの高い「機能性食品」として栄養成分や機能性を表示し、商品の付加価値を高めるプロセスについて、判りやすく説明されました。

 

 

 

 

PC020273会場には、友寄准教授が企業と共同研究した商品の試食ブースを設置。手軽に栄養が補給できるように九州産野菜を乾燥させ微粉末にした「Vegepowder」を使ったクッキーやスープ、エゴマ油等を実際に味わっていただき大好評でした。

 

 

 

 

PC020278セミナー後半の質疑応答では、会場から沢山の相談や質問の手が挙がり、地元企業の皆さんの熱気と本気度が感じられました。