地域貢献2017年2月23日

五木村で学生研究報告会を開催しました

DSC_81932月13日(月)、本学と包括協定を結ぶ五木村の伝承館において、本学の学生が五木村の抱える課題をテーマに取り組んできた活動や研究成果の報告会を開催し、和田村長をはじめ、村民や行政関係者等約20名が参加しました。

 

 

 

 

DSC_8212居住環境学科4年生の小濱光時君は、村で3回にわたって開催したレーザー加工機を使った木工ワークショップを通じて、地域の人が、データ作成や加工技術を学び、廃材を利用して土産物を作るサイクルが生まれたことを報告しました。

 

 

 

 

DSC_8206総合管理学科2年生、五木村出身の出口貴啓君と天草市出身の生田健誠君は、昨年3月に村で開催したフューチャーセッションをきっかけとして、村の森林資源の活用策について地元中学生とワークショップを重ね、村内地区をピースにした地域学習用パズルを作りました。

今後、各地域の特産物や名所等も組み合わせた立体的なパズルにし、村のPRを図りたいと抱負を語っていました。

 

DSC_8200居住環境学科4年生の吉田瑛君は、Uターン者や移住希望者が、村内の空き家をスムーズに利活用できるよう、家ごとの様々な情報を記録し引き継ぐ冊子「いえの手帳」を試作しました。

ワークショップでの意見を受け、さらに改善を加え各戸に配布する予定です。

 

 

DSC_8207木工ワークショップの発表をした小濱君は、同じく空き家対策として、住民が、現在の家で様々なサービスを提供できるようにするため、地元の廃材を使って、安全性やデザイン性、居住者と利用者双方のユーザビリティを高める改修システムを提案しました。

卒業後は大学院へ進み、このアイデアの実用化を目指し、引き続き村での活動を続けていくそうです。

 

いずれも村の課題解決に向けた、学生らしい自由な発想が光るとともに、自らのアイデアで少しずつ村が変わってくことに、学生自身も手ごたえと面白さを感じているようです。