おしらせ2017年10月13日

災害復興における大学生のまなざし2017開催(熊本大学とのCOC共同事業)

熊本県内でCOC事業に採択された、熊本大学と本学と共同で事業を実施することになっています。初年度に天草市で共同研究発表会を開催し、昨年の夏には地震直後からボランティア活動を行っていた学生同士の情報交換及び交流会、昨年の年度末にはCOC+との合同シンポジウムを開催したりするなどして、熊本県内の大学が連携しオール熊本で取り組むCOC+事業の機運が高まってきています。

今年は、9月30日に熊本大学において「災害復興における大学生のまなざし2017」と題した学生ボランティア報告会を開催し、本学からは災害ボランティア活動を行う団体4団体、学生8名が参加し発表を行いました。熊本県立大学、熊本大学、熊本学園大学、の3大学からボランティアサークル3~4組がそれぞれの活動について報告を行いました(全10団体)。20170930学生交流会チラシ

本学からは県大防災プロジェクト、プロジェクトJ(ジェーンズ邸復興プロジェクト)、KASEIプロジェクト、チャリティーサンタが参加し、活動報告では熊本地震以前の取り組みや熊本地震をきっかけに開始した取り組みなど、各団体10分のプレゼンを行いました。

熊本県立大学

○県大防災プロジェクト → 震災について考えるクロスロードゲームについて。IMG_7420

総合管理学部総合管理学科3年 生田健誠くん

○プロジェクトJ → ペーパークラフトを通しての復興活動について。

IMG_7438

 総合管理学部総合管理学科3年 古川美桜さん、同2年 田尻凌也くん、同1年 阿部絵美里さん

○KASEIプロジェクト → 仮設住宅における環境改善活動の取り組みについて。

IMG_7466

 環境共生学部居住環境学科3年 野田歩実さん、

○チャリティーサンタ → 震災をきっかけとしたサンタ活動の取り組みについて。

IMG_7468

 総合管理学部総合管理学科2年 永木海くん、同3年 森内貴士くん、

発表会後の意見交換会/情報交換会では、それぞれの団体に対して学生達が自由に意見を述べあい、名刺交換を行うなど、協力して活動をやってみたい、といった会話もみられました。

IMG_7535 IMG_7561

 

 

 

 

 

 

大学の枠を超えて学生同士が活動を共有することは、自分と相手が考えている成果や課題が見えるため、今後の活動に良い刺激と影響を受けていたように見受けられました。今回だけの開催にとどまらず、このような報告会を継続的に開くことで、学生たちの主体的な活動を見守っていきたいと考えています。

DSC_3947 IMG_7546