地域貢献2015年4月15日

なごみの里 里山再生プロジェクト(H27.3)

平成27年3月28日(土)、COC連携自治体・和水町での今年度最後の里山再生活動は、春らしい暖かな天気に恵まれました。今回の作業は里芋の種付けと炭焼きです。

P3280195P3280193

まずは肥料を作業小屋から裏手の畑まで運びます。自走式コンテナも操作できるようになりました!

P3280197

 

 

 

 

 

次にカゴにまとめられた種芋を、発芽しやすくなるよう根になる部分の皮を軽く剥きます。

P3280206P3280199

協議会の方がトラクターで掘り起こした畑に種芋を植えていきます。歩幅程度の間隔で芋を一つずつ埋めていき、その間に堆肥と肥料を撒き、土を被せていきます。

P3280214P3280229

次に、防虫や保温・保湿効果のあるマルチシートを被せていきます。張り切って植えたせいで、200m分用意されていたロールが途中でなくなってしまいました。

P3280219

 

 

 

 

 

学生たちが里芋を植えている間に、奥の方では溜池づくりも同時進行中。棚田への用水が目的ですが、ついでにドジョウも育てるそう。協議会の皆さんのチャレンジ精神は留まる所を知りません!

P3280225P3280221

炭焼き釜では、前日に焼いた炭を取り出し、再び火入れの準備中。写真は、塩を竹に詰めて釜で焼き固めた「焼き塩」。なめてみると普通の塩よりまろやか。おろし金で擦って使うそうです。

P3280230

 

 

 

 

 

火を入れた後、ブロワ―で釜の中の火を煽って循環させます。たまに炎が逆流してきて熱いです。

P3280240P3280218

里山のアイドル、雌ヤギのサクラが臨月を迎えていました。来月は子ヤギに会えるかもです。

P3280244

 

 

 

 

 

作業後のお楽しみ、手作りのお昼ごはん!ガス釜で炊かれたご飯と漬物だけで幸せです。

P3280241

 

 

 

 

 

 

今回の活動を最後に異動する事務局スタッフもいますが、この里山で再びお会いできることを楽しみにしています!