地域貢献2015年10月19日

なごみの里 里山再生プロジェクト(H27.10)

PA110258

 

 

 

 

 

 

10月11日(日)、前回の活動から2週間。今回はいよいよ6月に植えたお米の収穫です。自分で育てた作物は自分で収穫したい!ということで今回は20人もの学生・教職員が参加。前回比1000%増!

PA110250

 

 

 

 

 

 

最初になごみの里協議会の北原会長より、本協議会が、公益財団法人肥後の水とみどりの愛護基金と熊日新聞・熊本県が設けた「肥後の水とみどりの愛護賞」団体賞に選定されたとの報告がありました(祝!)今月27日に肥後銀行本店で表彰式が行われます。

PA110256PA110257

 

 

 

 

 

 

続いて北原事務局長による鎌を使った手刈りの指導にベテラン竹下さんがダメ出し。曰く「刈る高さは一定に!」と実演、正確でしかも早い!さすが年季が違います。刈った稲は9~10束をまとめて稲わらで束ねます。根本から10㎝ぐらいで括らないと掛け干し中に解けてしまうそう。

PA110260PA110266

 

 

 

 

 

 

次に稲を干す稲架(はざ)の組立て方と稲の架け方を習います。1束の3分の1を手前、3分の2を奥、次は逆に3分の2を手前にと、交互に架けることでバランスを取ります。また、竿の一部に重みがかからないよう分散させて架けていきます。

PA110275PA110279

 

 

 

 

 

 

さっそく鎌を手に田んぼへ。朝方の雨でぬかるんでおり、結構足を取られます。

PA110293PA110296

 

 

 

 

 

 

バインダー(稲刈り機)を操作できるようになった学生も!(本学は農業大学ではありません、念のため。)

PA110309PA110280

 

 

 

 

 

 

日本の農村風景を取材中のフランス人カメラマンが撮影に来られました。VOGUEの表紙を飾るかも?

PA110303PA110321

 

 

 

 

 

 

参加者が多かったおかげで2時間ほどで全段の刈り入れと掛け干し完了。これぞ日本の秋って感じですね。

PA110323

 

 

 

 

 

 

爽やかな秋空の下での御飯が美味い!(山小屋に入りきれなかったというのもありますが)

PA110329PA110338

腹ごなしに里山を散策。先月の台風で杉が何本も根こそぎ倒されており、その威力が伺い知れます。倒れた杉は炭焼き用の薪にする予定です。転んでもタダでは起きません。

PA110313

 

 

 

 

 

 

11月は協議会の研修のため活動はお休み。次回12月は毎年恒例の餅つき大会です。皆様のご参加をお待ちしています。