地域貢献2016年1月4日

なごみの里 里山再生プロジェクト(H27.12)

12月19日(土)、晴天に恵まれた今年最後の活動は、里芋の収穫と毎年恒例の餅つき大会。今年度新設された1年次必修科目「もやいすとジュニア」の実習に参加できなかった1年生も含め、14名が参加しました。

IMG_2945

冒頭の挨拶の中で、10月に受賞した「肥後の水とみどりの愛護賞」団体賞の表彰状がお披露目されました。今後の活動の励みになります!

IMG_2947 IMG_2949

もち米を蒸している間、皆で3月に植えた里芋を収穫します。9月に電柵を張って以降、猪に荒らされることもなく大豊作!コンテナがみるみる満杯に。

IMG_2955

機械での運搬作業も難なくこなせるようになりました!

IMG_2972 IMG_2959

蒸し米が出来上がったら早速餅つき開始。畑で芯まで冷えた体もあっという間に温まります。

IMG_2977 IMG_2978

つき上がった餅は、協議会のお母さん方と一緒に山小屋内で丸め並べていきます。

IMG_2975 IMG_2979

餅をつき終えたら、収穫した里芋に着いた土を藁束で落としネット詰めする作業へ。山のような芋をひたすら磨く終わりが見えない作業を続けていると、無の境地に達せそう。ネット詰めされた里芋は1袋(3㎏)200円で地元の物産館等で販売されます。

IMG_2987 IMG_2982

昼食は、つきたての餅入りぜんざい。気温も上がり外飯が美味しい!掘りたての里芋をホイルに包み、焚火で焼いた「焼き里芋」も野趣溢れる美味しさ!

IMG_2992

今年1年間の活動お疲れ様でした!新年最初の活動は1月23日の予定です。皆様のご参加をお待ちしています。