地域貢献2016年2月16日

地域振興フェア-WONDER MESSE KUMAMOTO-に出展しました

COC事業を通じた地域志向教育研究事業の成果等を地域に発信するため、2月9日(火)~10日(水)、グランメッセ熊本(益城町)で開催された「2016くまもと地域振興フェア-WONDER MESSE KUMAMOTO」にブースを出展しました。

DSC09378

「熊本から明日と未来をつなぐ技術力を発信する」というイベントコンセプトに沿って、最新の研究成果のパネル展示やデモンストレーションを行い、延べ約500名の方がブースを訪れました。

DSC09397 DSC09409

環境共生学部・堤教授が地場企業と共同で開発したマイクロバブル発生装置「eco・バブル®」で作った水素水の試飲や炭酸泉の体験(手湯、足湯)コーナーは連日賑わいを見せ、特に農業関係者や企業関係者からの関心の高さがうかがえました。

DSC09381 DSC09413

居住環境学科の佐藤准教授が制作した住教育用のペーパークラフトや建築デザイン部による建築模型、総合管理学部の飯村教授の研究室が開発した観光客の周遊性を高めるための携帯アプリ等も来場者の関心を集めていました。